インターンシップ直前!

先日、東京都内のA大学にて講義の機会をいただきました。
テーマは「インターンシップに行く時のこれだけは押さえておきたいビジネスマナー」。

短期間ながら社会人と接触し「仕事」を体験する大学生たちは緊張感が漂っているのかな~
と予想して教室に入ると、余裕の笑顔で「おはようございます!」と元気な挨拶。
夕方なのになぜか業界の人っぽく声をかけられ意表をつかれました。

できるだけ臨場感を出すために、ロールプレーをいくつか入れました。
素直な学生さんたちは電話応対などのシナリオに積極的でした。
普段アルバイトで接客に慣れている学生さんもいて、
彼らの落ち着いた笑顔を見ていたら逞しさのようなものも感じました。

マナーとは「相手を不快にさせないこと」。
相手が何に不快な思いをするかは、人それぞれ・・・
「これをされると嫌だな~」と思う基準は人によって違いますよね。
だからこそ面白いのです。

マナーのスキルを一つ覚えたからと言ってそれで安心というわけではないのですね。
相手に合わせていく「鏡」のような自分になる場面も時には必要。
人を良~く観察する心の余裕を持ちたいものですね。