アンフェアなのは誰か?

今日の「伸びる女!」になる秘密は
【アンフェアなのは誰かを知る】

テレビ番組でも、昨年映画でも話題になった
「アンフェア」
篠原涼子さん演じる雪平夏見刑事は、
父親を殺害した犯人を捜すために
警察に入り、事実をつきとめていく・・・。
次々に起こる殺人事件現場には、
「アンフェアなのは誰か」の謎のメッセージカードが
残されていましたね。

そうなんです。
世の中がフェアで、コツコツ頑張れば
報われると思っていると現実とのギャップに傷つくだけです。

(以前書いたブログ「不平等にとっとと気づこう」をご参照下さい)

不平等にとっとと気づこう
今日の「伸びる女!」になる秘密は、 【不平等にとっとと気づこう!】 すべての働く女性に持って欲しいのは「社内政治力」です。 社内政...

グ―グル検索をすると、
「社内政治なんてくだらない」
「そんな暇があったら仕事しよう」
という意見がけっこう見受けられます。

「社内政治」の定義は、きっと人によって
まちまちなのでしょう。
何でも「秘書」のせいにしたり
派閥闘争やドロドロとしたニュースで
話題の政治家達の駆け引きの
社内バージョンが社内政治と思っているから
ダーティなイメージなのでしょうね。

いやいやそうじゃなくて。
「社内政治」とはもっと身近なもの。
くだらないと言ってはいられないほど身近なもの。

アンフェアな人は誰なのか?という視点で
社内を見渡すと面白い現象が見えてきます。

組織に働くということは、
常に周囲と競争するということ。

アンフェアで理不尽な世界をいかに切りぬけ、
サバィブしていくのか?
その力こそが「社内政治力」です。

まずは自分が社内でどんなふうに思われているか?
自分を客観的な視点で見つめるところからスタートです。

今日の「伸びる女!」になる秘密~
【アンフェアなのは誰かを知る】