V6の森田剛から学ぶもの

今日は番外編~
「伸びる男!」についてです。

芸能界に疎い私には珍しいのですが、
V6の森田剛さんの魅力に、
実は20年くらい前から気づいていました。

1997年のNHK大河ドラマ「毛利元就」の
不良少年時代の「松寿丸」役。
これがめちゃくちゃはまっており、
彼の放つギラギラした何かに
当時35才の私は胸キュンだったのです。

今日たまたま見ていた、
NHK「あさイチ」プレミアムトーク。
ゲストで現れた森田剛さんは今37才。
時の流れを感じますね~。

映画や舞台に大活躍中の彼は、
番組でも指摘されていた通り
なぜか「昭和の香り」を漂わせ
何ともいえない存在感ありますよねー。
これからももっと活躍する予感がしました。

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/160527/1.html

番組の中で先日亡くなった蜷川幸雄さんと
2ショットで語り合う場面を見て、
森田剛さんはハラハラ
いや、ハラが一つくらいの・・
涙を流しました。

生放送とわかっていても
涙を流さずにはいられない
彼の気持ちが見ているほうにも伝わって
ジーンときました。

森田剛さんは、
「V6はファミリー。
そこから外に出て仕事をするとき、
謙虚な気持ちになる」
と言っていました。

彼が演出家に可愛がられ、
新しい仕事に次々と挑戦していけるのは
この「謙虚さ」あってのことでしょう。

謙虚さは新しいことを学ぶための
スペースを作っているのだと思います。

どんなに
「やったー。うまくいったぞ!フフフ・・」
と思ったことがあっても
ドヤ顔からすぐに謙虚さに戻らないといけないなー。

今朝、テレビの中の森田剛さんから学んだことでした。

以上、今日は
「伸びる女!」になる秘密の番外編でした~♪