ボス操縦はリーダーシップ

先日5月12日が刊行日の
私の9冊目の拙著
「ダメ上司のトリセツ」が
本屋のどこに置かれるのか・・・。

友人が送ってくれたのは
東京駅オアゾにある
丸善本店さんの写真。

何と「リーダーシップ」
のコーナーに平積み!
だったとか。
嬉しいニュースをありがとう!
自分で書店にはなかなか行けない。
だからこういう写真は
本当に本当に嬉しいのです。

紀伊國屋書店、新宿本店さんでも
「リーダーシップ」のコーナーに
平積みだったよ!と
写真撮れなくてごめんと
連絡してくれた友達。
感謝です💛

上司との関係で悩む人は多い。
馬が合う上司など、
滅多にいないのが現実。

だから上司との人間関係をよりよくしてくには
それなりの工夫、
努力と忍耐が必要。

「上司と険悪な関係にならないようにする力」
(本の中では「地雷を踏まないコツ」として紹介)

これは、言い換えれば、
同僚も巻込んで、
「職場の空気を働きやすくしていく力」

それは、職場の皆が働きやすい環境を作り出す力。
これは立派な「リーダーシップ」の一つだと思う。

カリスマがあって皆を引っ張っていくのも
リーダーシップだけど、

職場の空気を柔らかくする力も
間違いなく「リーダーシップ」と言えるから。

この本を「リーダーシップ」の棚に置いてくださった
本屋さんに心から感謝したい。