向田邦子賞のドラマにハマる

自粛モードで家に閉じこもる日々を
いかに刺激ある日常にするか?
視界に入るものをジッと見てみるのもいい。

庭先にほったらかしで
雨ざらしにしている
プランターの雑草群にふと目が行く。
何も植えていないそのスペースに
名前も知らない小さな雑草たちが
元気なハーモニーを作っていた。

よくみるとなんと美しい生き物たち。
コロナなどどこ吹く風。
気持ちよく風に吹かれている。

暇があればつい見てしまうHuluで選ぶドラマは
「俺の話は長い」脚本、金子茂樹さん。

優れたテレビドラマの脚本家に贈られる
38回「向田邦子賞」にこのドラマが選ばれた。
このドラマのファンとしてはとても嬉しいニュース。

放送された昨年10月から注目していた。
何度も同じストーリーを繰り返し見ていても飽きない。
一話が30分で終わるのも潔くていい。

家族やご近所の人たちの会話のテンポの良さ、
気持ちの入った温かい言葉、そして何より
俳優たちの演技力のレベルが高い!
このドラマに登場するの生田斗真とその役柄が好だ。

何気ない日常のふとしたアングルが
イキイキとしていて気持ちがいい。

我が家のプランターに勝手に生きている
雑草の人たち。いい感じだ🎵

番組の最終回、
ロッキーのテーマが流れる場面には
いつ見てもジーンときて涙がでる。

涙腺がゆくなったのは年のせいか?